S2O JAPAN SONGKRAN MUSIC FESTIVAL 2018

S2O JAPAN SONGKRAN MUSIC FESTIVAL 2018

 

2018.8.4(SAT) – 5(SUN) 12:00~21:00

日本初開催の「S2O JAPAN」には、20~30代の若者を中心に幅広い年齢層の人々が来場し、2日間の来場者は2万人に達しました。今年の夏らしい真夏日となった2日間、開場直後からたくさんのお客様にご入場いただき、炎天下の中、早々にずぶ濡れになる来場者で早い時間から盛り上がりをみせていました。ずぶ濡れフェスにぴったりな水着姿も目立ち、露出度の高いファッションや友達同士のリンクコーディネートなど、ファッションからも来場者のテンションの高さが感じられました。

出演DJは、KSHMR、DEORRO、QUINTINO、ALOKや、タイ本国にて開催された2018年の「S2O SONGKRAN MUSIC FESTIVAL(以下 S2O)」にも出演していたKREWELLA、SICK INDIVIDUALS、タイから来日したBOT CASHや、日本オリジナルの企画として開催した“S2O JAPAN GLOBAL AUDITION”で勝ち抜いたDJ、クリエーターなど、2日間で全14組のDJが登場し、圧巻のプレイを披露。来場者のテンションを極限まで盛り上げ、疲れを感じさせず踊らせ続けていました。

ステージセットは、タイ本国のS2O同様、巨大な貯水タンクや給水管をモチーフにした“巨大な水の工場”を連想させるもの。タイから運んだS2O独自の水かけマシーンがステージ前とメインフロア中央にセットされ、音楽のテンションに連動し、大量の水しぶきが降り注ぎ、来場者を文字通りずぶ濡れに。世界的に活躍するTOP DJ達のDJ SETの音楽に合わせて水が降り注ぐと、フロアからは歓声が上がり、“想像以上のずぶ濡れ!”“こんなフェス初めて!”という声があちこちで聞かれました。

日が沈むと、ステージの多彩な映像と、飛び交うレーザーの光に映し出された水しぶきが重なり、エレクトリックな非日常感はさらに加速。勢いよく噴き出す炎や空高く突きあがる花火も加わり、解放感がマックスになった来場者は水と音に合わせて思いっきりはじけ、会場のボルテージは最高潮に達しました。

2日間に渡った日本初上陸の“ずぶ濡れ音楽フェス”「S2O JAPAN」は、熱も冷めぬまま幕を閉じました。